ベバストヒーター取付!電装BOX製作!埼玉県Kさんの200系ハイエース

埼玉県Kさんの6型200系ハイエースにベバストヒーターディープサイクルバッテリー1500W切替付きインバーター・走行充電器・外部電源ボルテージメーターなどを取付施工しました。

電装品は既存のベッドの下に収まるよう、木でBOXを作成しました。
囲ってしまえば荷物を雑に置いたり、突っ込んだりしても安心です。
万が一にも端子が触れてショートの原因になったりもしませんね。

6型ハイエースに電装BOXを作成しました

T.K TECHでは、取り付ける電装品によって・・又、ユーザーさんのご希望に合うようにBOXの大きさや形を決めていきます。インバーターは熱を発するので換気の穴をあけました。

1500Wインバーター、ディープサイクルバッテリー、走行充電器が入っています

このBOXの中にはディープサイクルバッテリー2台、1500Wの切り替え機付きインバーター、走行充電器が施工されています。
そして、スペースを利用して、ブレーカーやバッテリー充電器を取付しました。

ベッド下スペースを利用してブレーカーや充電器を取付

外部充電も施工して、コンセントを入れるとこの充電器を介してサブバッテリーに充電されます。
更にこのインバーターは切り替え機能付きなので、車内で100Vを利用する際、外部にコンセントが差し込まれているとサブバッテリーの電池を温存し、外部の100Vを優先的に使うように勝手に切り替えてくれます。

6型ハイエースに外部充電を取付

外部充電を付けたら、この切り替え機付きインバーターが便利です。
しかも、充電も同時に行うことができるのです。

車中泊で電気製品を使う場合は、バッテリーの残量が気になってしまいますが、外部の電源を使えるサイトなどでは安心ですね。
エアコンはかなり電気を消費するので、外部電源につないだ時だけエアコン使います!!っていう方も多いですね。


センターコンソールにボルテージメーターやスイッチ、コンセントを施工


センターコンソールにはバッテリーの残量が分かるボルテージメーターを取付。
今、何ボルトあるのかがわかります。
よく「残量計」付けたいというご要望があるのですが、バッテリーの劣化で蓄電能力が落ちてしまっていても残量としてしか表示しないので正確なところが分かりにくいです。
何ボルトと表示してくれた方が、この電装品を使うとこれくらい電気を使ってしまうのか、充電中は何ボルトになるのか、等など、数字で分かるので便利です。
T.K TECHでは、このタイプを取付しています。

ベバストヒーターは車体下に取付です。
車体下に本体を付けた場合は車内にダクトを通します。
吸気口と吹き出し口です。

ベバストヒーターの吸気口と吹き出し口


これはポンプ。これで燃料を送ります。
ベバストヒーターのポンプ

今付いているベバストヒーターのコンピューター診断をご希望の方はこちら

ベバストヒーターの取付の方法や概算に関してはこちら

ベバストヒーターの取付に関するお問い合わせはこちら

[]の記事

「ハイエース」商品

コンテンツ

よくある質問

  • はできますか?
  • 可能ですか?

ご利用前にわからない事がございましたら一度ご覧ください。

すべてのQ&Aを見る