ハイエースにソーラーパネルを取付

200系ハイエースに薄型ソーラーパネルを取付

200系ハイエースにソーラーパネルを取り付けました。

200系ハイエースにフレキシブルソーラーパネルを取付

薄型タイプの216Wを1枚。
薄さ2mmなので屋根にピッタリ張り付いている感じです。
上から見ないと付いているかどうか確認ができないほど!

何Wのソーラーパネルを付けるかは、ユーザーさんと相談して決めます。

発電量、蓄電量、使用量がうまく調整できるように考えていきます。
もちろん、たくさん発電したくても屋根の大きさによってできない場合もありますが・・・。
その場合は他の充電方法で補っていく必要がありますね。

埼玉県のKさんは以前T.K TECHで電装の施工をしました。
その時には外部充電で充電する方法を選択。

今回はそこにソーラーパネルも追加しました。

電装BOXを作成してバッテリーなどを取付

外部充電は自分で意思を持って充電する必要がありますが、ソーラーパネル充電は、日なたに停めておけば勝手に充電してくれるので手間いらず。
そうすれば出先で少しでもサブバッテリーの容量を確保しておくのにも役立ちますね。

ソーラーパネルのコントローラーは放電を防いでくれます

そして、大事なのがコントローラーです。
ソーラーパネルは太陽が当たっている時は発電しますが、当たっていない時は放電します。
だから、溜まるはず!と思っていた電気が充電されていないことになります。
逆につないであるバッテリーからどんどん放電してしまう場合も。
その、放電を抑えたり、過充電にならないように調節してくれるのが「充電コントローラー」です。

ソーラーパネルの能力に合わせて、コントローラーを組み合わせないと効力がない場合もありますので、気を付けなくてはなりません。

電装品取付のお問い合わせはこちら

[]の記事

「ハイエース」商品

コンテンツ

よくある質問

  • はできますか?
  • 可能ですか?

ご利用前にわからない事がございましたら一度ご覧ください。

すべてのQ&Aを見る